【 近 況 報 告 】

 

【ベビーカステラ専門店 &all アンド・オール 上野アメ横店】外装リニューアルプラン

 

TVや雑誌など、メディアにも頻繁に取り上げられる人気のお店ですが、オープンされてからまだ1年も経過していません。相談を受けて現地を確認し、オーナー様と改装を計画される動機やご希望など色々お話をさせて頂き、その場でデザインのご依頼を頂きました。

出店時の計画は、可愛らしい「西洋風の販売ワゴン」をイメージしてデザインされていたようで、確かにコンセプトとしては面白いですし可愛い感じですが、出店立地が混雑したアメ横の雑居商店街の一画。

お店の間口も1m70㎝弱と狭く、まわりの派手でカラフルな衣服販売店や雑貨販売店の中に埋もれてしまっている状況です。

もっと開けた場所であれば存在感を発揮できたのかもしれませんが、明らかにコンセプトと立地がマッチしていないと感じました。

 

「西洋風の販売ワゴン」をイメージしてデザインされた外観

出店立地の周囲環境

早速プランに取り掛かります。まず最初に、改装プランの効果をオーナー様にしっかりと比較検討して頂くために、現場の採寸を行い、既存店の図面を新たに作成する事から始めます。

当社では改装を計画する場合、写真を合成する時もありますが、同じ図面タッチの方が寸法も正確に把握でき、現状と比較しやすくするため、なるべく既存店の図面を作成するようにしています。

プランとしては、なるべくインパクトが大きくなるよう、全体を単色にして装飾は凹凸またはピンライン程度の差し色でデザインする事にしました。

間口に関しては、物理的に広げるわけにも行かないので、単純に許容範囲内と思われる限界まで間口を広く見せるよう、パネルを造作して門型に装飾します。

アイキャッチとなる「明かりモノ」は上部に設けるコルトンのメニュー板と両側柱型のブラケット照明。

オーナー様は、これまでのイメージを崩したくないとの理由で、既存のカラー(茜色)を希望されていましたが、せっかくの機会なので勝手に別のカラープランも提案しちゃいます。

 

既存店の外観イメージと同色でデザインした「改装プラン-A

改装プラン-Aをベースに別カラーで「プラン-B」「プラン-C」も提案

最大限まで間口を広く見せ、既存店のイメージカラーをベースにしつつゴールドのモールで装飾し少しだけ派手な印象にした「PLAN-A

とにかく【目立つ】【周囲に埋もれない】【かわいい】【インスタ映え】を狙ったショッキングピンクをベースにした「PLAN-B

派手ながら【かわいい】【優しい雰囲気】【商品イメージに繋がりやすい】を考慮したライトイエローをベースにした「PLAN-C

イチオシ提案はライトイエローの「PLAN-C」だったのですが、一応、全てオーナー様に提案し検討して頂きました。

 

数日後、オーナー様は当社イチオシだったライトイエローの「PLAN-C」で計画を進めることをご決断されました。

今後は、各寸法の微調整、貸主様への概要説明および承諾確認、各許可の申請、工事費用の調整、工事期間の調整と進めて行きます。